総量規制対象外の銀行カードローン

近年改正された貸金業法によって総量規制が設けられたことから、個人での借り入れに制限ができた為に何かと困っている人も少なくないかと思います。

 

しかし年収の3分の1を超えそうだからといって、全く借り入れができなくなったわけではありません。というのもキャッシングで有名な消費者金融系での借り入れはできなくなりましたが、銀行が提供するカードローンならば総量規制に左右されることなく、借り入れを行うことができます。

 

確かに総量規制は借り過ぎを防止するのに有効な法律ですが、急にどうしてもお金が必要になった時のキャッシングやカードローンの便利さは他の金融サービスにはない使い勝手があり、できれば続けて使用したいサービスですね。

 

それでは総量規制外のカードローンについて解説していきたいと思います。

 

なんで総量規制外なの?

 

まず最初に誰もが不思議に思うのは、なんで銀行のカードローンは総量規制外になるのかという点ではないでしょうか。

 

答えは本当に簡単です。

 

皆さん思い出してください、総量規制は何の法律だったでしょうか?

 

そうです貸金業法です。

 

消費者金融は貸金業に当たるので貸金業法に基づいて貸し出を行うことになりますが、銀行は貸金業法ではなく銀行法に基づいて貸し出しを行うことになるので、貸金業法によって定められた総量規制は銀行には適用されないということになるのです。

 

しかし、銀行はもともと審査基準が厳しいので、消費者金融が経営するキャッシング会社のように多くの人が審査に通るというわけではありません。ですから比較的、個人情報内容も健全で年収にも余裕がある人が多いのが特徴です。(※今では消費者金融と変わらない印象です。)

 

しかし年収が多かろうが少なかろうが、借りグセがついてしまえば借金苦に陥ることは十分に考えられるので、総量規制に左右されないからといって、考えのない借り入れは控えるようにしましょう。

 

色々とある銀行カードローンのメリット

 

銀行カードローンは総量規制に左右されないだけでなく、他にも色々なメリットがあります。
そのメリットは下記のとおりです。

 

高い限度額と低金利 

 

信用状況にもよりますが消費者金融よりも確実に高い限度額と低金利での借り入れが可能

 

ATMの充実による高い利便性

 

銀行ATMだけでなく、大手コンビニやその他の銀行との提携ATMが利用可能で、生活スタイルにあった利用が可能

 

銀行の高い信用性

 

他の業者に信用がないというわけではありませんが、何といっても銀行というブランドの信用性は金融業界の中でも絶対の安心があります。このように銀行カードローンは総量規制外だけでなく、利用者にとって大きなメリットが多数あるので可能ならば銀行カードローンの利用がオススメですね。