知っておきたい総量規制について

キャッシングに申し込む上で是非とも知っておいてもらいたいのが「総量規制」です。

 

キャッシングは無担保・無保証で申し込める上、審査が甘く、申し込みも簡単という大きなメリットがありますが、誰でも無条件で利用できるサービスではありません。

 

申込者の返済能力があるかどうかを判断して審査の可否が決まってくるのです。
そしてその際に大きな問題になってくるのが「総量規制」という法律です。

 

この規制が始まるまでは、貸す側がOKということならばいくらでも借入することが可能でしたが、この規制が施行されたことによって、決められた金額以上の借り入れはできなくなりました。

 

ですからキャッシングに申し込んだとしても、借り入れがその金額を上回る場合は、キャッシングはNGということになるのです。それではその総量規制はどのような法律なのかをわかりやすく説明していきたいと思います。

 

総量規制とは?

 

総量規制とは貸金業法改正にともない平成22年6月18日に完全施工された法律で、年収の3分の1を超える個人借り入れはできないと定めたものです。この法律が制定された背景には、国民の安定した生活を守るという政府の国民保護の考えが大きく影響しています。

 

キャッシングやクレジットなどの使いやすさに慣れ過ぎたため、自分では返済できないほどの借り入れや信用買いを繰り返し、その過分な返済をする為にまた借り入れをするという自転車操業を繰り返した挙句、終には返済できなくなって自己破産するという人が続出するようになりました。

 

この問題を重く見た政府がこれ以上の自己破産者を増やさない為に、個人の借り入れを制限したというわけです。ですから現在は個人での借り入れが年収の3分の1を超える人は、新たに借り入れをすることができません。

 

この法律が施工された当時は、新しい借り入れができなくなったことによって、借金の返済ができない人が多発する現象が起きましたが、長い目で見ると払いきれないほどの借金ができなくなったということは、自己破産者多発防止に大きな布石となったと言えるでしょう。

 

総量規制適用外

 

この総量規制は貸金業者に対する規制なので基本は個人の借り入れのみが対象となります。
ですから、車や家のローン、会社経営のための借り入れなどは含まれません。

 

また、この規制は消費者金融が対象になっていて、銀行カードローン(※例えば三菱東京UFJ銀行やジャパンネット銀行など)は対象外となっています。

 

さらに現在ある借り入れをキレイにする為、有利な条件で借り換えする場合も対象外となります。このように総量規制とは基本的には消費者を守るための法律であり、国民1人1人が幸せに暮らしていくために有効なものというわけです。