キャッシング審査に落ちる理由

無担保で保証人も必要なく、本人確認書さえあれば申し込み審査OKというキャッシングは住宅ローンなどと比べれば驚くほど審査が甘く、借入しやすいことで知られています。

 

しかし、申し込んだ人全てが必ずOKとなるわけではありありません。

 

事実、キャッシング審査に繰り返し落ちて、どこか通るところはないのかと「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」的に多くのキャッシング会社に一斉に申し込んで、申込みブラックとなる人も少なくありません。

 

審査に落ちた理由を聞いても決して教えてくれませんから、当の本人は訳が分からないという人もいるでしょう。それでは、そんなことにならないためにもキャッシング審査に落とされることが多い理由について説明していきたいと思います。

 

総量規制を超えていないか

 

近年の貸金業法改正に伴い、新しく総量規制が設けられました。

 

これは年収の3分の1以上の借り入れはできないという法律です。ですから新規申し込みの際に借り入れ金が多い場合は、総量規制を超えてしまう恐れがあるため審査に通りにくくなります。

 

他社からの借り入れ状況

 

キャッシングは1社だけでなく複数社利用している人も少なくありませんが、既に3社以上のキャッシングを利用している人はまず審査に通らないと考えてください。

 

多くのキャッシング会社から借入れしている場合、借り入れ金返済のための契約と判断され、多重債務者になってしまう可能性が高いと考えれてしまうのです。

 

返済状況

 

借り入れがあるのは高額でなければあまり問題にならないのですが、その返済に遅延や延滞がある場合は問題視されることになります。

 

借り入れの返済状況は信用情報機関から全て調べることができるので、各キャッシング会社で遅延や延滞を繰り返していれば、まず通りにくくなると考えてください。また返済できなくなって金融事故になった場合は完全にNGなので、申し込みするだけ無駄足になると考えた方がいいでしょう。

 

健康保険書

 

健康保険書は従事する職業によってその形態が変わってきます。

 

信用度から言えば、共済保険(公務員)>組合保険(大手企業)>社会保険(中小企業)>国民健康保険(個人事業)となります。ですから、この健康保険書がないという人はかなりのマイナスとなり、他の内容に少しでも疑いがあれば、まずNGということになるでしょう。 

 

このように審査時にキャッシング会社が見ているのは申込者に返済能力があるかどうかです。

 

ですから基本的には借り入れの金額、その返済状況は絶対に重要視されることいなるので、ここで問題があればNGと考えていいでしょうね。