パートは借入可能額が少ない?

最近のキャッシングは申し込み者が定職に就いていなくても、パートやアルバイトなど定期的に収入が見込める仕事をしている場合は審査OKというところが多くなってきました。

 

特に最近は女性にイメージの悪いキャッシング業界がどうにか女性顧客を拡大するために女性専用のキャッシングサービスを行ったり、主婦のキャッシング審査を甘くするなど、女性の申し込み拡大に力を入れているため女性にとっては申込みやすい環境になっていると言えるでしょう。

 

しかし、いくら審査OKといっても定職に就いた人のように多くの金額が定期的に入ってくるわけではありませんから、契約内容は決していいとは言えないかもしれません。

 

借入可能額はどうやって決まるの?

 

キャッシングは仮に審査が通ったとしても全員が同じ条件で契約できるわけではありません。

 

キャッシング会社のHPに記載されている実質年率にしても借り入れ可能額にしても「A%〜B%」、「A円〜B円」というように上限と下限枠が設定されています。

 

つまりは審査時の信用情報によって申込者の信用情報に優劣が決められて、評価が高いほど金利が安く、借入可能額も額が大きくなるというわけです。ですからパートをの女性の場合は決して収入が多いとは思えないので、提示されている条件は決していいとは言えないでしょう。

 

契約条件を良くするには?

 

借入可能額や金利などの契約条件を少しでもよくしたいのならば、申し込み時の契約では無理ですが、キャッシングを利用しながら信用実績を作っていくことが一番の近道でしょう。

 

これは今回の場合だけに言えることではないのですが、最初の契約条件が悪くても信用実績さえ上がれば金利や借入可能額の見直しを行ってくれます。ですから定期的にキャッシングを利用して、きちんと返済を行っていきさえすれば自ずと契約条件は良くなってくるというわけです。

 

また、冒頭でも言った女性専用のキャッシングサービスを利用するのもオススメです。

 

通常のキャッシングよりも女性に有利な金利や借入可能額が設定される確率が高いので、通常のキャッシングに申し込むより断然お得です。まだサービスを開始しているキャッシング会社は少ないですが確実に審査も甘くいろいろなメリットを受けることができるので1度調べてみても損にはなりませんよ。 

 

 

このように女性のパートの場合はキャッシング審査に通らないというわけではありませんが、いい条件で契約するとなれば少々難しいかもしれません。しかし、探せばいい条件のところは見つかりますので、申し込み時には色々と調査することを怠らないようにしましょうね。