具体的に何を審査される?

キャッシング申込で一番重要なのが審査です。

 

この審査に問題がなければめでたく契約完了ということになるのですが、ここで問題があると審査されると審査を落とされることになって、キャッシングの利用はできないということになります。

 

この審査基準は各社によって変わってくる上、審査基準をチャンと公表しているところはないのでハッキリしたことは言えず、大体のラインしか説明することはできません。

 

しかしこの審査基準に各社で差があるのは歴然としており、あるキャッシング会社で審査を落とされた人が違うところでは審査に通るという話は珍しくなく、金利が低く設定されているところほど審査基準は厳しいという傾向があります。

 

それでは申込む際に不安にならないためにも、審査時にはどのようなことが重要になってくるのかを分かりやすく説明していきたいと思います。

 

信用情報機関について

 

キャッシング会社は何でスピード審査などという、銀行では考えられない速さの審査が可能なのでしょうか?それは信用情報機関から得たものを元にして審査を行っているからです。

 

信用情報機関とは金融業や銀行、小売業、カード会社など様々な業種が参加しており、各々の情報を共有管理している機関です。

 

ここでは今までの信用取引による借り入れや購入に対する履歴が残されています。

 

ですから申し込み時に記載された個人情報によって、申込者の信用取引情報を引き出し、取引に問題がないかを調査することができるのです。

 

信用情報の何が重要視されるの?

 

この信用情報で重要視されるのが、現在の借り入れ金額と返済履歴です。

 

現在は貸金業法の改正に伴い、総量規制が設けられたため年収の3分の1を超える借り入れが法律で禁止されています。ですからまずは借り入れが総量規制を超えている人は、その段階でアウトということです。

 

また、総量規制に引っ駆らなくても複数の業者から借り入れがある場合、そして年収にもよりますが、借入残高が100万円を超える場合もNGとされることが多いでしょう。

 

そして何といっても返済履歴に遅延や滞納がある場合は問題アリと判断されることが多いようです。これは借入金の返済だけでなく、公共料金の支払いなども審査基準に加えられる場合があります。ですから日常的に支払いや返済は遅れないように気をつけなければなりませんね。 

 

以上審査時に重要になってくるのは借入残高と支払い履歴というわけです。

 

要は返済するだけの能力があるかが審査を通るのに1番重要となってくるので、この2点は特に必須となってくるというわけです。ですからこの2点に心当たりがないという人ならば、まず審査は間違いなく通るので安心して申し込んでOKですよ。