申し込みから借り入れまでの流れ

通常銀行で融資を受けようとすれば多くの必要書類を集めて提出し、銀行のチェックを受けた上、審査に何日もかかった挙句、融資してもらえなかったということも珍しい話ではありません。

 

しかしキャッシングの申し込みは、通常面倒で長くかかると思われていた申し込みから融資までを実に簡単に済ますことができます。事実ここまでキャッシングを利用する人が増加したのも、申し込みから借入できるまでの流れが本当に簡単な上、短時間で行えるというキャッシング会社ならではのスピーディーさのおかげと言っても過言ではないでしょう。

 

それではキャッシングに初めて申し込むという人でも理解できるように、申し込みから借り入れまでの流れを分かりやすく説明していきたいと思います。

 

申し込み

 

キャッシングの申し込みはインターネット、店頭、無人契約機、電話で行うことができます。

 

この際に必要となってくる必要なものは本人確認書のみなので、基本的には運転免許書か健康保険書が手元にあれば申込可能と考えていいでしょう。そして申し込み時には必要書類に記入するだけで、後はキャッシング会社の審査の結果を待つだけです。

 

この時点で勤務先への在籍確認が電話で行われますが、キャッシング会社とは分からないように配慮した対応をとってくれるので、勤務先にバレる心配は無用です。審査時間に関しては、審査可能時間以内での申し込みなら即日というキャッシング会社が多く、最短30分で審査結果が出るところもあります。

 

急ぎの場合は審査時間が短くて済むところを選ぶようにすると良いでしょう。

 

また、電話による申し込みは相手との書類の郵送が必要になってくるので、特に時間を気にする人にはオススメできません。現在はあまり使われる方もいませんが、キャッシング会社のスピーディーさというメリットを失わないためにも、他の申し込み方法を選ばれることをオススメします。

 

借り入れ

 

審査結果が出てOKということになれば、即日から借り入れすることが可能です。

 

店頭と無人契約機以外はキャッシングカードの発行がなく、後日郵送されることになるのでATMを利用しての借り入れはできませんが、現在は会員登録さえすればインターネットから借り入れが可能なのでカードがなくても大丈夫です。

 

インターネットでの借り入れは契約時に指定した銀行口座への振込となります。
ここで注意しなければならないのは借入時間が銀行の営業時間内かという点です。

 

いくらキャッシング会社が24時間対応していても、振込手続きは銀行が行うので、時間外での借り入れは翌日処理となってしまい当日に現金を手にすることはできません。

 

ですから、現在は24時間対応できる銀行と提携しているキャッシング会社もあるので、インターネットをメインで借入するという人はそのサービスを行っている業者で契約するのがオススメですね。