お金を借りる時の必要書類

普通ならば銀行でお金を借りようとすれば実に多くの提出書類が必要になってきますが、キャッシングに申込みする際に必要となる書類は基本的には本人確認書のみでOKというのが一般的です。

 

契約内容によっては他の提出書類を求められることもありますが、運転免許書片手に出かけたので十分でしょう。しかし、契約内容によっては本人確認書のみでは申込みできない場合もあります。それでは、今回はキャッシングの申し込み時に必要になってくる書類について詳しく説明していきたいと思います。

 

一般的な申込の場合

 

キャッシングには上限金額が設定されており、通常の申し込み時にはその上限額は50万円に設定されているのが一般的です。この上限金額でそのまま申し込みする場合には本人確認書の写があれば申し込みすることができます。

 

本人確認書といえば運転免許書が一般的ですが、その他にも健康保険書やパスポートでも問題ありません。とにかく本人であるという確認が取れる公正な書類があればOKです。

 

しかし注意しなければならないのは、その本人確認書と現住所が違っている場合です。

 

この場合は、本人確認書の他に納税証明書もしくは、公共料金の請求書、住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書が必要となってくるので、申し込みの際は2度手間にならないように注意しましょう。

 

上限金額を変更する場合

 

先程も言いましたが一般的な上限金額は50万円に設定されていることが多いのですが、キャッシング会社がサイトに記載している上限金額を見ると、50万円どころか300万円や700万円など高額な設定がされています。これは申し込み時に希望すれば、その範囲内で上限金額を上げることができるということです。

 

しかしこの契約変更はすなわち借入金額が大きくなる可能性を示しているので、その人に返済だできるだけの収入が本当にあるのかどうかを調べなくてはならなくなります。

 

そこでこの契約変更を希望する場合は、本人確認書の他に収入証明書の提出を求められるというわけです。収入証明書とは、源泉徴収票や確定申告書、直近2ヶ月以内の給与証明書と賞与証明書など現在の収入が分かる公正な書類のことです。

 

この収入証明書は契約内容の変更の他にも、今回申し込み先以外にキャッシングの借り入れがあって、その残高が100万円を超える場合にも提出を求められます。ですから契約内容の変更を希望する場合や、他社借入が気になる場合は事前にいずれかの収入証明書類を用意して申し込みにするようにしてくださいね。